むねやけが主訴の逆流性食道炎は、食事内容の欧米化に加えて喫煙する事・お酒を毎晩飲む事・肥満症などの生活習慣が乱れたこと、ストレスに縁って、殊に日本人に多く発病している疾患です。

ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、主に両手両足がしびれるような感覚があったり脚の浮腫みなどがよく見られ、病状が進むと、残念なことに、呼吸困難に陥る心不全も誘発する可能性があるとのことです。

WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、身体に害を与えるUV-A波のデタラメな浴び過ぎはお肌に健康障害を起こす可能性が高いとして、18歳以下の若者が日サロを使うことの禁止を先進国に求めています。

BMI(体重指数を算出する式はどの国でも等しく同じですが、数値の評価レベルは各国違いがあって、日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI値22を標準体重、25以上の場合だと肥満、18.5未満の場合だと低体重と広報しています。

ポリフェノールで最も有名な特徴は水溶性であるビタミンCやトコフェロールなどとは違っており、細胞と細胞の間の水溶性部分、脂溶性部分、そして細胞膜でも酸化を遅れさせる効果に優れているのです。

春に患者が増える花粉症とは、山林の杉やヒノキ、マツなどの木や草の花粉がアレルゲンとなり、クシャミ・目の痒み・微熱・鼻水などの憂うつなアレルギー症状を発症させる病気だということは、今や常識となりました。

我が国における結核対策は、長年、1951年制定の「結核予防法」に準じて進行されてきましたが、平成19年から他の数多ある感染症と一緒に「感染症予防法」という法律に従って行われることに決定しました。

下腹部の疼痛が主訴となる代表的な病気には、大腸粘液が複数個所突出する大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍やびらんができる潰瘍性大腸炎、腹部外傷や消化器疾患が原因で起こる急性腹膜炎、卵管の疾患等の病名が挙げられます。

パソコンの強くて青っぽい光を抑えるPC専用のメガネが殊更人気を博している理由は、疲れ目の消失に多くの人々が関心を寄せているからだと考えられます。

学校や幼稚園など団体行動をする際に、花粉症の症状のせいで他の友達と等しくエネルギッシュに動けないのは、子どもにとって残念な事でしょう。

抗酸菌のひとつである結核菌は、感染した人がゴホゴホと咳き込むことで外気や内気に放り出され、空中でフワフワしているのを今度は他の人が呼吸の際に吸い込むことによって次々に感染します。

鍼灸のはりを体に刺してもらう、という物的な幾多の刺激は、神経細胞を活性化して、神経インパルスという名の要は電気信号の化学伝達を誘発するのではないかという考えが浸透しています。

上が140以上、下が90以上の高血圧になると、血管に重いダメージがかかり、頭のてっぺんから足の爪先までいろんな血管に障害が発生して、合併症を発症してしまう見込が高くなると言われています。

エイズ(AIDS)はHIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスの感染が原因となって引き起こされるウイルス感染症であり、免疫不全となり些細なウイルスなどが原因の日和見感染や悪性腫瘍を併発する症候群そのものを称しています。

めまいは無いのに、強い耳鳴りと低音域の難聴の症状だけを幾度も発症するパターンを区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエル病」というケースがあるのです。

アルコールを無毒化するという力のあるナイアシンは、ゆううつな宿酔に効く成分です。苦しい宿酔の要因だといわれているアセトアルデヒド(acetaldehyde)という化学物質の無毒化に作用します。

最も大きな内臓である肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが付着した脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)は、肝硬変や脳梗塞を代表とする多種多様な合併症を誘引するかもしれないのです。

毎日の折り目正しい生活の維持、満腹になるまで食べないこと、適切な運動や体操等、古臭いとも言える体に対する思いが老化対策にも関係しているのです。

「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、人の身体の中の脂肪が占める比重を指しており、「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(body weight、キロ)×100」という計算によって算出されます。

塩分や脂肪の大量摂取をやめて続けられる運動に励むだけでなく、ストレスのかかり過ぎないような日常生活を心がけることが狭心症をもたらす動脈硬化を防ぐ方法だといえます。

高齢の人や慢性的な疾患のある方などは、際立って肺炎に罹りやすくなかなか治らないという傾向が見られるため、予防する意識や早めの処置が大切なのです。

結核への対策は、長年、昭和26年にできた「結核予防法」に拠って進行されてきましたが、平成19年からは他の数ある感染症と同じように「感染症新法」という法律に基づいて実行されることが決定しました。

もしも血液検査でやはり卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が基準値よりも少なくPOFだと判明したら、不足している女性ホルモンを足す医術などで改善が望めます。

トコトリエノールの作用としては酸化を遅らせる機能が一番知られていると思いますが、加えて肌を美しくする効果や、血清コレステロールの産出を抑えたりすることが知られています。

亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関わっている特別な酵素や、細胞・組織の活動に関わっている酵素など、約200種類以上も存在する酵素を構築する物質として絶対に外せないミネラルなのです。

胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、食事内容の欧米化に加えて煙草・アルコールの習慣・隠れ肥満などの生活習慣の変化、ストレスに縁り、近年日本人に増えつつある疾患です。

前触れもなく発症する急性腸炎は、通常は腹痛・悪心・下痢の症状がみられる程度ですが、細菌感染によるものの場合は強烈な腹痛・長引く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・水下痢とともに38℃以上の高熱も出るのが特徴なのです。

乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年使用されてきた生ワクチンに平成24年9月以降は原則無料の定期接種になることによって、病院などで個々に接種してもらうスケジュール管理の必要な個別接種に変更されています。

緊張性頭痛というのは肩凝りや首こり、張りが因子の日本人に多い頭痛で、「締め付けられる痛さ」「重いような鈍い痛さ」と表現される症状が特徴です。

自転車事故や屋根からの転落など、とても大きな圧力が身体にかかった場合は、複数の箇所に骨折がみられたり、開放骨折になってしまったり、ひいては臓器が破損することもあり得ます。

参考:コンブチャマナ 被害