薬や酒に含まれるアルコール、合成された食品添加物等を酵素によって分解し、無毒化する働きを解毒(げどく)と称しており、肝臓の果たしている非常に重要な職責のひとつなのです。

寝姿を見ることで、本人がセラピーアニマルのことをすごく可愛いと感じる時に「愛情のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌され、結果としてストレスを和らげたり心のヒーリングなどに結びついているのです。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は皮脂分泌の異常が原因で現れる湿疹で、分泌の異常の主因としては生殖ホルモンの均衡の崩れ、ナイアシンなどビタミンBコンプレックスの慢性的な欠乏等が考えられます。

インキンタムシ(陰金田虫)は20代~30代の比較的若い男性に患者が多く、ほぼ股間の周辺だけに広がり、軽く運動したり、入浴後など体が熱くなった時に強い痒みを感じます。

高齢の人や慢性的に病気を持っている方は、ことさら肺炎を発症しやすくて完治までに時間がかかる傾向にあるため、予防に対する意識や迅速な手当が必要です。

フィトケミカル(phytochemical)のひとつであるスルフォラファン(sulforaphane)という揮発性の有機硫黄化合物について、肝臓から分泌されている解毒酵素の機能的な製造活動を促進しているのではないかという因果関係が判明してきました。

アルコールを分解するという働きのあるナイアシンは、ゆううつな宿酔に極めて有効です。ゆううつな宿酔の因子だと考えられているエタナール(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質の無毒化にも関係しています。

肝臓をいつまでも元気にキープするためには、肝臓の有害物質を分解する力が衰えないようにする、分かりやすく言えば、肝臓のアンチエイジング対策を開始することが必要でしょう。

栄養バランスの優れた食事を1日3回とることや体を動かすことは当然のこととして、体の健康や美容を目的として、目当ての栄養を補うために様々な成分のサプリメントを摂る事が一般的になったようです。

チェルノブイリ原発の爆発事故に関する被害者の後追い調査の結果では、成人に比べると体の小さな子供のほうが放出された放射能の害を一段と受けやすいことがわかっているのです。

エイズウイルス(HIV)を有している精液、血液を始め、母乳や腟分泌液などの体液が、交渉相手等の粘膜や傷口などに接触することにより、HIV感染の危険性が大きくなるのです。

鍼灸の鍼を刺してもらう、というフィジカルな複数の刺激が、神経細胞を活性させて、神経インパルスと言われる謂わば電気信号伝達を招くという考えが浸透しています。

汗疱(かんぽう)は手のひらや足裏、または指と指の隙間などに小さな水疱がみられる症状で、通俗的にはあせもと呼び、足裏に出来ると足水虫と思い込まれることがよくあるようです。

基礎代謝量(kcal)は就寝中ではなく覚醒状態で命を維持していく(心臓、口や鼻からの呼吸、腎機能の働き、体温や筋緊張の維持等)ために必ず要る理論上のミニマムなエネルギー消費量の事を指しているのです。

通常の場合は骨折しない位のごく小さな力でも、骨の限定されたポイントだけに幾度も途切れることなく力が加わると、骨折に至ってしまうことがあるので気を付けなければいけません。

ヘルニアというものは正式には「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨と背骨の間にあってクッションのような働きをしている椎間板(ツイカンバン)という円形の組織が飛び出した症例の事を示しています。

寝姿を見ることなどで、患者さんがセラピードッグを愛おしく感じることによってオキトキシンが多く分泌されて、ストレス軽減や心のヒーリングなどに繋がっているのです。

スマートフォン使用時の光のちらつきを和らげる専用眼鏡が殊更人気を集めている要因は、疲れ目のケアにたくさんの方が四苦八苦しているからだと考えることができます。

「とにかく多忙だ」「うっとうしい人との付き合いが嫌でしょうがない」「技術やインフォメーションの進化になかなか付いていけない」など、ストレスを感じやすい元凶は一人一人違います。

「肝臓の機能の低下」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-GTP等の値によって確認することができますが、ここ数年間で肝臓の機能が落ちている人数が増加しているということが危険視されています。

吐血と喀血、どちらも口腔からの出血に変わりはありませんが、喀血の方は咽頭から肺をつないでいる気道(呼吸器…respiratory system)から出血することで、吐血の方は十二指腸よりも上部の消化管から出血することを言い表しています。

急性腸炎(acute enteritis)は、その大半が腹痛・嘔吐・腹下しを伴う程度で治まりますが、細菌感染による腸炎の場合は酷い腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・下痢と同時に高熱も出るのが相違点です。

世界保健機関(World Health Organization)は、UV-A波の極端な浴び過ぎが皮ふの病気を誘引するとして、18歳以下の若人がファッション感覚で日サロ(日焼けサロン)を使用することの禁止を世界中に推奨しています。

食事の際は、食べたい物を気軽に口へ入れたら数回咀嚼して飲み下すだけに思われがちだが、その後も身体はまことに健気に動き食物を人体に取り込むように励んでいるのだ。

ピリドキシンは、かの有名なアミノ酸(Amino acid)をトリカルボン酸回路と呼ばれるエネルギー源を燃やすために欠かせない回路に組み込むため、それ以上に分解させるのを支える作用もあるのです。

「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、身体の中の脂肪の溜まっている度合いを指しており、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)=体脂肪量÷体重(weight、kg )×100」という計算で弾きだせます。

UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いという特性があるためオゾン層を通過する際にその一部分が吸収されるものの、地表に達したUV-B波は皮ふの表皮内で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を傷つけてしまうなど、皮ふに悪い影響をもたらすことが明らかになっています。

予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年使用されてきた生ワクチンにかわる新しい手段として、2012年9月1日から原則無料の定期接種となるため、集団接種ではなく医療機関で注射してもらうスケジュール管理の必要な個別接種という扱いに変わりましたのでご注意ください。

気分障害のうつ病では脳の中で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が足りなくなり、不眠、強い憂うつ感、倦怠感、疲労感、食欲の低下、焦り、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症になると自殺企図等の症状が心身に現れます。

高熱が出る季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、現在までの研究の成果によって、注射の効果を見込めるのは、ワクチンを注射した約14日後から約5カ月間位ということが分かっています。

こちらもおすすめ⇒バスピンを効果が出るまで不安を抱く